050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

M&A 海外

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. M&A 海外

m&a または 海外に関する基礎知識記事や事例

  • 遺産分割協議書を作成する遺産分割協議書を作成する

    相続が開始し、相続人が複数いる場合には、誰がどのような遺産を相続するかを決定する必要があります。その決定は、相続人が全員で話し合う、遺産分割協議によってなされます。 遺産分割協議がまとまれば、...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所にその旨を申述するという方法で行います。 この3ヶ月は熟慮期間と呼ばれ、相続人が相続財産を調査して、相続放棄を...

  • 会社設立会社設立

    海外での会社設立では、日本と同様に法令に従って手続きを踏む必要があります。 定款の作成や認証を受けるなど、日本と似た制度を持った国もありますが、多くの場合では法令、文化の違いによって手続きが異な...

  • 法務局で相続登記する法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相続による所有権移転登記を行う必要があります。所有権の移転には登記は必須ではありませんが、のち...

  • アメリカで会社設立するにはアメリカで会社設立するには

    現代は、グローバル化が大きく進んだ時代といえます。留学をする学生も多くなっていますし、海外で事業をしようという方や既に経営している事業の海外進出をする方も多くいらっしゃいます。 では、アメリカ...

  • 方針の決定方針の決定

    近年、アメリカやヨーロッパ、シンガポールをはじめとした世界各国に進出する日本企業が増えてきています。こうした事業の展開方針は、現在の日本経済の状況や将来的な見通しを踏まえた上では自然な流れだと考...

  • ベトナムで起業する方法ベトナムで起業する方法

    日本企業が海外進出する際の形態として、主に現地法人、支店、駐在員事務所の3つの形態が考えられます。 実際に海外で起業するとなると、会社設立を行うことになります。それはベトナムでも同様であり、そ...

  • 日本企業が海外進出するメリット日本企業が海外進出するメリット

    近年グローバル化が進み、国内市場の飽和や、新たな事業の立ち上げ、労働力不足などさまざまな理由から、日本企業が海外進出するケースは増えています。 日本企業が海外進出する際の形態として、現地法人、...

  • 現地経営現地経営

    いざ海外に法人を設立し、本格的に事業をスタートさせたとしても、現地での経営に失敗するというケースは少なくありません。あくまでも会社設立の手続きは準備の一つに過ぎず、設立後の経営こそが海外進出で最...

  • 企業が海外進出する際に注意するポイント企業が海外進出する際に注意するポイント

    ITの発達により、企業の海外進出は簡単になりました。 金銭のやり取りから業務報告に至るまで、事業経営で必要な業務のほとんどは既にインターネット上で行うことができるのです。インターネット上で行える...

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 方針の決定

    方針の決定

    近年、アメリカやヨーロッパ、シンガポールをはじめとした世界各国に進出する日本企業が増えてきています。こ...

  • 現地経営

    現地経営

    いざ海外に法人を設立し、本格的に事業をスタートさせたとしても、現地での経営に失敗するというケースは少な...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり...

  • 税務署で相続税を申告する

    税務署で相続税を申告する

    相続がなされた場合には、その相続される財産に応じて、相続税が賦課されます。課税対象は、金銭に換算できる...

  • 日本企業が海外進出するメリット

    日本企業が海外進出する...

    近年グローバル化が進み、国内市場の飽和や、新たな事業の立ち上げ、労働力不足などさまざまな理由から、日本...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    身近なある人が死亡した場合、相続が開始します。そのため、相続手続きにおいてまずはじめに行わなければなら...

  • F/S事業計画書

    F/S事業計画書

    F/S事業計画書のF/Sとは、feasibility studyの略称です。 日本語では、新規事業をは...

  • 遺言の検認を行う

    遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります...

  • 事業再生を弁護士に依頼するメリット

    事業再生を弁護士に依頼...

    ■事業再生とは 事業再生とは、業績不振・債務超過等に陥っている企業の事業を再建し、経営の健全化を図るこ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ