050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

税務署で相続税を申告する

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 税務署で相続税を申告する

税務署で相続税を申告する

相続がなされた場合には、その相続される財産に応じて、相続税が賦課されます。課税対象は、金銭に換算できる財産すべてです。また、実際の財産のほか、生命保険金や、死亡退職金についても「みなし財産」として相続税が賦課されます(ただし、非課税控除があります)。

相続税の大きな特徴の一つとして、基礎控除額が費用に大きいことが挙げられます。基礎控除とは、相続財産のうち、一定の額までは、相続税を賦課しない制度のことです。

基礎控除の額は、5000万円+1000万円×法定相続人の人数です。例えば、法定相続人が配偶者と子の2人ならば、基礎控除額5000万円+1000万円×2人で、 相続財産のうち7000万円が非課税となります。

また、配偶者には、配偶者控除という、非常に大きな額の控除があります。配偶者の税負担を減らす趣旨です。具体的には、配偶者の相続した財産が法定相続分以下ならば、無条件で全額控除され、また法定相続分を超えたとしても、1億6000万円以下ならば、非課税です。このように配偶者に大きな控除が用意されているために、相続について争いがあった場合、とりあえず配偶者に相続させるといった手続きが取られる場合が多いようです。また配偶者以外に関しても、未成年者控除や、障害者控除が存在します。

控除された相続財産額に対しては、ある税率のもと相続税が賦課されます。税率は一定ではなく。相続額が大きいほど、税率は大きくなります。

株式会社パートナーズでは、豊島区、北区、練馬区、板橋区を中心に「海外進出サポート」、「企業法務」、「事業承継」、「相続」などの相談を受け付けております。「相続税」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当会社までお問い合わせください。

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 遺言の検認を行う

    遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続における事前準備としては、トラブルの予防が非常に大切です。 事前の準備次第では、相続税が半分以上...

  • 争訴

    争訴

    企業活動に伴って、他企業から売掛金の支払いを請求されたり、不法行為に基づく損害賠償を請求されたりして、...

  • 遺言書

    遺言書

    遺産相続には一般的に「法定相続」、「遺言による相続」、「分割協議による相続」があります。 仮に遺言書...

  • 会社設立

    会社設立

    海外での会社設立では、日本と同様に法令に従って手続きを踏む必要があります。 定款の作成や認証を受けるな...

  • 経営戦略の見直しと改善

    経営戦略の見直しと改善

    経営戦略とは、会社を経営していく上での戦略のことを指します。経営の根幹となっている経営者の理念を達成す...

  • 方針の決定

    方針の決定

    近年、アメリカやヨーロッパ、シンガポールをはじめとした世界各国に進出する日本企業が増えてきています。こ...

  • 北区の企業法務は当社にお任せください

    北区の企業法務は当社に...

    「会社をコンプライアンスを重視した体制にしていきたいが、どういったところから手を付けていけばよいのか分...

  • ブルーオーシャン戦略とは

    ブルーオーシャン戦略とは

    ブルーオーシャン戦略とは、まだ開拓がほとんどなされていない市場に対して事業を展開することを指します。対...

よく検索されるキーワード

ページトップへ