050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

豊島区 企業法務

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 豊島区 企業法務

豊島区 企業法務に関する基礎知識記事や事例

  • 税務署で相続税を申告する税務署で相続税を申告する

    相続がなされた場合には、その相続される財産に応じて、相続税が賦課されます。課税対象は、金銭に換算できる財産すべてです。また、実際の財産のほか、生命保険金や、死亡退職金についても「みなし財産」とし...

  • 遺産分割協議により遺産分割する遺産分割協議により遺産分割する

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続きを遺産分割と言います。 遺産分割は、原則どのような形で分割をするかは自...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄は、相続開始後に相続の効果が生ずることを拒否するものですが、原則相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して申述しなければなりません。 この3ヶ月という期間は、...

  • 遺言により遺産分割する遺言により遺産分割する

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、誰に遺産を継がせるかを決定できるということです。 ここでいう遺言は、法律の定める形式に則っ...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこで相続放棄が認められると、「相続の放棄をしたものは、その相続に関しては、初めから相続人となら...

  • 北区の企業法務は当社にお任せください北区の企業法務は当社にお任せください

    「会社をコンプライアンスを重視した体制にしていきたいが、どういったところから手を付けていけばよいのか分からない。」 「民法が改正されたと聞いているが、これまでの契約書をどのように変更すればよいの...

  • 消費者対応・クレーム消費者対応・クレーム

    企業活動には、消費者からのクレームはつきものです。企業側に落ち度のある場合もあれば、理不尽なクレームもありますが、いずれにせよ適切な対応を取らなければ、事態が大きくなってしまう可能性があります。...

  • 法務局で相続登記する法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相続による所有権移転登記を行う必要があります。所有権の移転には登記は必須ではありませんが、のち...

  • 北区の企業法務は弁護士におまかせください北区の企業法務は弁護士におまかせください

    企業を経営し、経済活動を円滑に行うためには、企業法務に気を配ることが欠かせないといえるでしょう。一方で、数多くある企業の中には、弁護士に頼らずに紛争を解決しようと試みるところもあります。また、そ...

  • 遺留分とは遺留分とは

    民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが保護されないと、もし相続人が全くの他人に全財産を贈与した場合などに、相続人は一切の財産を相続...

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、相続開始後に相続の効果が生ずることを拒否するものですが、原則相続の開始があったことを知った...

  • 親族内承継

    親族内承継

    ここでは親族承継について見ていきます。 親族承継のメリットとして社内や社外からの理解が得やすい、株式...

  • 地域再生

    地域再生

    地域再生とは地方の自主的な取り組みを基に地域経済の活力を取り戻すことです。 企業の東京への一極集中や...

  • 遺留分とは

    遺留分とは

    民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続における事前準備としては、トラブルの予防が非常に大切です。 事前の準備次第では、相続税が半分以上...

  • 会社設立

    会社設立

    海外での会社設立では、日本と同様に法令に従って手続きを踏む必要があります。 定款の作成や認証を受けるな...

  • 遺言の検認を行う

    遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります...

  • 従業員などへの承継

    従業員などへの承継

    次に従業員承継について見ていきます。 従業員承継のメリットとしてともに頑張ってきた従業員に会社を引き...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    身近なある人が死亡した場合、相続が開始します。そのため、相続手続きにおいてまずはじめに行わなければなら...

よく検索されるキーワード

ページトップへ