050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

相続登記 弁護士

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 相続登記 弁護士

相続登記 または 弁護士に関する基礎知識記事や事例

  • 北区の企業法務は弁護士におまかせください北区の企業法務は弁護士におまかせください

    企業を経営し、経済活動を円滑に行うためには、企業法務に気を配ることが欠かせないといえるでしょう。一方で、数多くある企業の中には、弁護士に頼らずに紛争を解決しようと試みるところもあります。また、そ...

  • 法務局で相続登記する法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相続による所有権移転登記を行う必要があります。所有権の移転には登記は必須ではありませんが、のち...

  • 北区の企業法務は当社にお任せください北区の企業法務は当社にお任せください

    「会社をコンプライアンスを重視した体制にしていきたいが、どういったところから手を付けていけばよいのか分からない。」 「民法が改正されたと聞いているが、これまでの契約書をどのように変更すればよいの...

  • 法人破産のメリット・デメリット法人破産のメリット・デメリット

    会社経営が立ち行かなくなった際に法人破産を検討することになります。しかし、法人破産はそのような状況から抜け出す手段の1つでしかありません。他の手段も考えられるため、それぞれの手段のメリットとデメ...

  • 事業再生を弁護士に依頼するメリット事業再生を弁護士に依頼するメリット

    ■事業再生とは 事業再生とは、業績不振・債務超過等に陥っている企業の事業を再建し、経営の健全化を図ることをいいます。 事業再生については、弁護士や、事業再生コンサルタントに依頼することが考えられ...

  • コンプライアンス・危機管理コンプライアンス・危機管理

    コンプライアンスとは、企業が法令を遵守して違法行為を行わないことであり、そのために経営システムを整えること、をいいます。仮に、違法行為等の不祥事が起きてしまった場合に、迅速に原因調査や再発防止策...

  • 遺留分・遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)の時効遺留分・遺留分減殺請求(遺留分侵害額請求)の時効

    ■遺留分侵害額請求権とは 遺留分侵害額請求権とは、遺留分を侵害された人が、侵害された遺留分の返還を金銭により請求する権利のことをいいます。 遺留分侵害額請求をした際、話し合いが円滑に進まなかった...

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 準確定申告をする

    準確定申告をする

    「準確定申告」とは、納税者が死亡した場合に、その相続人が故人に代わって行う確定申告手続きをいいます。準...

  • 北区の企業法務は当社にお任せください

    北区の企業法務は当社に...

    「会社をコンプライアンスを重視した体制にしていきたいが、どういったところから手を付けていけばよいのか分...

  • 遺言の検認を行う

    遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります...

  • 事業再生を弁護士に依頼するメリット

    事業再生を弁護士に依頼...

    ■事業再生とは 事業再生とは、業績不振・債務超過等に陥っている企業の事業を再建し、経営の健全化を図るこ...

  • 事業承継の方法

    事業承継の方法

    事業承継の方法は主に3つあります。 親族への承継、従業員への承継、M&Aによる事業承継です。 親族...

  • 相続放棄の期限

    相続放棄の期限

    相続放棄は、相続開始後に相続の効果が生ずることを拒否するものですが、原則相続の開始があったことを知った...

  • 事業承継の流れ

    事業承継の流れ

    事業承継の流れについて大まかに見ていきましょう。 まずはどのような事業承継の形をとるのか確定させまし...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこ...

  • 親族内承継

    親族内承継

    ここでは親族承継について見ていきます。 親族承継のメリットとして社内や社外からの理解が得やすい、株式...

よく検索されるキーワード

ページトップへ