050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

遺言の検認を行う

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言の検認を行う

遺言の検認を行う

遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります。「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にする手続きです。遺言による相続の場合、遺言書の内容はその相続の内容を直接決定するため、これが偽造・変造されることを防止することを目的としています。もし公正証書によらない封印された遺言書を勝手に開封した場合には、5万円の過料が課される場合がありますのでご注意ください。

遺産の相続は、死亡届の提出から始まり、遺言書の確認や検認、相続人や相続財産の調査、遺産分割、相続税などの税務申告と、一般的なものだけでも、さまざまな手続きが必要となります。さらに、遺言がある場合の遺留分減殺請求など、期限がある手続きも多く、一般の方にとってはかなり複雑な手続きとなるでしょう。株式会社パートナーズでは、そんなお客様のお悩みにお答えするべく、相続のプロフェッショナルがご相談をお受けいたします。相続に関するご相談は、お早めに株式会社パートナーズにお任せください。

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 現地経営

    現地経営

    いざ海外に法人を設立し、本格的に事業をスタートさせたとしても、現地での経営に失敗するというケースは少な...

  • 法務局で相続登記する

    法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相...

  • 法定相続人を確定する

    法定相続人を確定する

    相続を行う上では、相続人の調査は必須となります。 遺産分割は、「遺言による相続」の場合等、亡くなった方...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    身近なある人が死亡した場合、相続が開始します。そのため、相続手続きにおいてまずはじめに行わなければなら...

  • 消費者対応・クレーム

    消費者対応・クレーム

    企業活動には、消費者からのクレームはつきものです。企業側に落ち度のある場合もあれば、理不尽なクレームも...

  • 相続の承認または放棄を行う

    相続の承認または放棄を行う

    相続をすることは相続人の義務ではなく、相続が開始しても、相続人は相続をするか否かの対応をすることができ...

  • 相続放棄の流れ

    相続放棄の流れ

    相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所にその旨を申述すると...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり...

  • 北区の企業法務は当社にお任せください

    北区の企業法務は当社に...

    「会社をコンプライアンスを重視した体制にしていきたいが、どういったところから手を付けていけばよいのか分...

よく検索されるキーワード

ページトップへ