050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

遺留分とは

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺留分とは

遺留分とは

民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが保護されないと、もし相続人が全くの他人に全財産を贈与した場合などに、相続人は一切の財産を相続できなくなってしまうため、家を失うなど、最低限度の生活すらできなくなる恐れがあるから、この制度が用意されています。この制度は「遺留分制度」と呼ばれ、残される最低限の財産を「遺留分」と呼ばれます。

遺留分の割合は法律により規定されています。原則は、相続人全員で遺産のうちの1/2が遺留分となり、その1/2を相続人のなかで割り振ります。例えば、相続人が配偶者と子ならば、遺産の1/2のうち、配偶者が1/4、子が1/4を遺留分として保証されていることになります。

ただし、これには二つの例外があります。一つ目に、被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹は、たとえ相続人になったとしても、遺留分存在しません。二つ目に、相続人が被相続人の直系尊属(両親など)のみのとき、遺留分は全部で1/3になります。例えば、被相続人をその母と父で相続する場合には、遺産の1/3のうち、母父それぞれが1/6を遺留分として保証されることになります。

遺留分は相続人を保護する趣旨ですから、被相続人だったとしても、遺言で遺留分制度に違反した相続を定めることができません。もし遺留分に違反した相続が現実になされてしまった場合には、相続人自身が、遺留分に違反して相続した人に対して遺留分を返還するよう請求(遺留分減殺請求)することになります。

株式会社パートナーズでは、豊島区、北区、練馬区、板橋区を中心に「海外進出サポート」、「企業法務」、「事業承継」、「相続」などの相談を受け付けております。「遺留分」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当会社までお問い合わせください。

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書を作成する

    相続が開始し、相続人が複数いる場合には、誰がどのような遺産を相続するかを決定する必要があります。その決...

  • 遺言により遺産分割する

    遺言により遺産分割する

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこ...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり...

  • 準確定申告をする

    準確定申告をする

    「準確定申告」とは、納税者が死亡した場合に、その相続人が故人に代わって行う確定申告手続きをいいます。準...

  • 相続の承認または放棄を行う

    相続の承認または放棄を行う

    相続をすることは相続人の義務ではなく、相続が開始しても、相続人は相続をするか否かの対応をすることができ...

  • 法務局で相続登記する

    法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相...

  • 事業承継の方法

    事業承継の方法

    事業承継の方法は主に3つあります。 親族への承継、従業員への承継、M&Aによる事業承継です。 親族...

  • 法定相続人を確定する

    法定相続人を確定する

    相続を行う上では、相続人の調査は必須となります。 遺産分割は、「遺言による相続」の場合等、亡くなった方...

よく検索されるキーワード

ページトップへ