050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

相続に関する記事一覧

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 相続に関する記事一覧

相続

実際に相続手続きを進めなくてはならなくなった場合、有効に相続をするためには何をすればいいのか・・・不安な方が多くいらっしゃると思います。

遺産の相続は、死亡届の提出から始まり、遺言書の確認や検認、相続人や相続財産の調査、遺産分割、相続税などの税務申告などなど・・・一般的なものだけでも、さまざまな手続きが必要となります。

また、借金や損害賠償債務などの債務がある場合には、相続放棄や限定承認などの特殊な手続きを検討することも考えなくてはならないこともあります。さらに、遺言がある場合の遺留分減殺請求など、期限がある手続きも多く、一般の方にとってはかなり複雑な手続きとなるでしょう。株式会社パートナーズでは、そんなお客様のお悩みにお答えするべく、お客様のご意見に寄り添いながら、相続についてしっかりと解説させていただきます。

相続に関する基礎知識や事例

  • 相続の流れ相続の流れ

    身近なある人が死亡した場合、相続が開始します。そのため、相続手続きにおいてまずはじめに行わなければならないのが、死亡届の提出です。 死亡届は、法律で死亡後7日以内に提出する義務が定められています...

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続における事前準備としては、トラブルの予防が非常に大切です。 事前の準備次第では、相続税が半分以上、適切に対処すればおよそ8割以上も軽減することも可能です。 事前にしっかりと準備をしていれば...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    遺産分割は、「遺言による相続」の場合等、亡くなった方の遺言によって承継する財産が指定されている場合を除いて、法律によって定められた法定相続人による遺産分割協議によって決定されます。 「遺産分割...

  • 相続後にすべきこと相続後にすべきこと

    相続によって得た遺産の所有権は相続にともない相続人に当然に移転します。もっとも、遺産の「名義」については、相続があったとしても被相続人から相続人のものへと自動的に書き換えられるわけではありません...

  • 遺言書遺言書

    遺産相続には一般的に「法定相続」、「遺言による相続」、「分割協議による相続」があります。 仮に遺言書のない場合は、法定相続人が法定相続分に従って相続することが原則となります。 もっとも、遺言書...

  • 遺言の検認を行う遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります。「検認」とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正...

  • 法定相続人を確定する法定相続人を確定する

    相続を行う上では、相続人の調査は必須となります。 遺産分割は、「遺言による相続」の場合等、亡くなった方の遺言によって承継する財産が指定されている場合を除いて、相続人たちによる遺産分割協議によって...

  • 相続財産を調査する相続財産を調査する

    相続を行う上では、被相続人の相続対象財産の調査が必須となります。 相続対象財産の調査は、「法定相続」の場合でも、「遺言による相続」の場合でも、「遺産分割協議による相続」の場合でも共通して必ず行...

  • 準確定申告をする準確定申告をする

    「準確定申告」とは、納税者が死亡した場合に、その相続人が故人に代わって行う確定申告手続きをいいます。準確定申告は、相続があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に行わなくてはなりません。準確定申...

  • 相続の承認または放棄を行う相続の承認または放棄を行う

    相続をすることは相続人の義務ではなく、相続が開始しても、相続人は相続をするか否かの対応をすることができます。一般に、相続人の相続への対応には、単純承認、限定承認、相続放棄の三種類が存在します。そ...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこで相続放棄が認められると、「相続の放棄をしたものは、その相続に関しては、初めから相続人となら...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり、あるいは全部を拒否したりすることが法律で認められています。この中でも、相続を全て拒否するこ...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄は、相続開始後に相続の効果が生ずることを拒否するものですが、原則相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して申述しなければなりません。 この3ヶ月という期間は、...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所にその旨を申述するという方法で行います。 この3ヶ月は熟慮期間と呼ばれ、相続人が相続財産を調査して、相続放棄を...

  • 遺言により遺産分割する遺言により遺産分割する

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、誰に遺産を継がせるかを決定できるということです。 ここでいう遺言は、法律の定める形式に則っ...

  • 遺産分割協議により遺産分割する遺産分割協議により遺産分割する

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分割協議と呼び、手続きを遺産分割と言います。 遺産分割は、原則どのような形で分割をするかは自...

  • 遺産分割協議書を作成する遺産分割協議書を作成する

    相続が開始し、相続人が複数いる場合には、誰がどのような遺産を相続するかを決定する必要があります。その決定は、相続人が全員で話し合う、遺産分割協議によってなされます。 遺産分割協議がまとまれば、...

  • 遺留分とは遺留分とは

    民法には、相続人を保護するために、一定の相続人には、最低限の財産を残すようにする制度があります。これが保護されないと、もし相続人が全くの他人に全財産を贈与した場合などに、相続人は一切の財産を相続...

  • 法務局で相続登記する法務局で相続登記する

    遺産分割協議が整い、誰に財産が帰属するのか決定した場合、不動産については、その持ち主を変更するために相続による所有権移転登記を行う必要があります。所有権の移転には登記は必須ではありませんが、のち...

  • 税務署で相続税を申告する税務署で相続税を申告する

    相続がなされた場合には、その相続される財産に応じて、相続税が賦課されます。課税対象は、金銭に換算できる財産すべてです。また、実際の財産のほか、生命保険金や、死亡退職金についても「みなし財産」とし...

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 相続の承認または放棄を行う

    相続の承認または放棄を行う

    相続をすることは相続人の義務ではなく、相続が開始しても、相続人は相続をするか否かの対応をすることができ...

  • 遺産分割協議により遺産分割する

    遺産分割協議により遺産...

    相続人が複数いる場合、誰がどの程度財産を相続するかを、相続人で協議することになります。この協議を遺産分...

  • 準確定申告をする

    準確定申告をする

    「準確定申告」とは、納税者が死亡した場合に、その相続人が故人に代わって行う確定申告手続きをいいます。準...

  • 遺言により遺産分割する

    遺言により遺産分割する

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、...

  • 相続財産を調査する

    相続財産を調査する

    相続を行う上では、被相続人の相続対象財産の調査が必須となります。 相続対象財産の調査は、「法定相続」...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に相続の効果が生ずるのを拒否することです。家庭裁判所への申述が必要ですが、そこ...

  • 遺言書

    遺言書

    遺産相続には一般的に「法定相続」、「遺言による相続」、「分割協議による相続」があります。 仮に遺言書...

  • 親族内承継

    親族内承継

    ここでは親族承継について見ていきます。 親族承継のメリットとして社内や社外からの理解が得やすい、株式...

  • 法定相続人を確定する

    法定相続人を確定する

    相続を行う上では、相続人の調査は必須となります。 遺産分割は、「遺言による相続」の場合等、亡くなった方...

よく検索されるキーワード

ページトップへ