050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

社外への承継(M&A)

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 事業承継に関する記事一覧 >
  3. 社外への承継(M&A)

社外への承継(M&A)

親族承継にしろ、従業員承継にしろ後継者が見つからない。あるいは元々自分の代で会社を畳もうと思っていた経営者の方には一度検討していただいきたい手法です。

M&AはMerge and Awuisitionの略です。

企業を売り、ほかの企業に買い取ってもらいことで会社を残すことができます。

買い手がいる話なので、自分の会社に価値が無ければなりません。
そのため自分の会社の価値を整理しなければなりません。こういった価値は会社外の第三者に見てもらうのが良いでしょう。
資産の評価を見直すことはもちろん、例えばどういう取引先がいるかといったことも評価されます。

M&Aの具体的な方法としてマッチングサイトに登録する、M&A仲介業者に依頼するといった方法があります。

マッチングサイトは手軽ですしコストもあまりかかりませんが、成約までに時間がかかることがあります。
仲介業者に依頼した場合は高額な仲介料が発生するなどメリット・デメリット様々なものがあります。
取引先の金融機関に相談してみることも良いでしょう。

M&Aはこうしょうを重ね時間を要することもしばしばありますが、会社を残せる、そこではたらいている従業員の雇用を守ることができます。
その会社を欲しがり、それを次のビジネスにつなげることができるのでM&Aは日本経済にとっても良いことなのです。
1度M&Aを検討してみるのも一手でしょう。

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 会社買収方法の流れ

    会社買収方法の流れ

    会社買収とは何か、会社買収の方法について見ていきます。 会社買収とは文字通り、ある会社を買い取って子会...

  • 北区の企業法務は弁護士におまかせください

    北区の企業法務は弁護士...

    企業を経営し、経済活動を円滑に行うためには、企業法務に気を配ることが欠かせないといえるでしょう。一方で...

  • コンプライアンス・危機管理

    コンプライアンス・危機管理

    コンプライアンスとは、企業が法令を遵守して違法行為を行わないことであり、そのために経営システムを整える...

  • 遺言の検認を行う

    遺言の検認を行う

    遺言書が発見された場合、発見者は速やかに裁判所に対してその遺言の「検認」の申し立てをする必要があります...

  • 事業承継の方法

    事業承継の方法

    事業承継の方法は主に3つあります。 親族への承継、従業員への承継、M&Aによる事業承継です。 親族...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄のメリット・デ...

    相続が開始して、自分が法律上相続人に当たる場合でも、相続することは義務ではなく、相続の範囲を限定したり...

  • 相続財産を調査する

    相続財産を調査する

    相続を行う上では、被相続人の相続対象財産の調査が必須となります。 相続対象財産の調査は、「法定相続」...

  • 相続後にすべきこと

    相続後にすべきこと

    相続によって得た遺産の所有権は相続にともない相続人に当然に移転します。もっとも、遺産の「名義」について...

  • 方針の決定

    方針の決定

    近年、アメリカやヨーロッパ、シンガポールをはじめとした世界各国に進出する日本企業が増えてきています。こ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ