050-5212-3366 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
09:30~17:30(土日祝日休み)

事業承継に関する記事一覧

  1. 株式会社パートナーズ >
  2. 事業承継に関する記事一覧

事業承継

事業承継には大きく3つの形があります。

最も頻繁に行われている事業承継は親族による事業承継、親族承継です。
2つ目にあげられるのが従業員による事業承継、従業員承継です。
3つ目としては会社の売買、つまりM&Aを利用した事業承継です。

どの形であれデメリット・メリットがありますが、どの事業承継にも共通して言えることは準備に時間がかかる、ということです。

中小企業庁によると事業承継には3〜5年かかるとされています。人はいつどうなるか分かりません。
現経営者が健全のうちに会社をどうするのか、後継者はどうするのかを考えておきましょう。

親族承継、従業員承継、M&Aによる事業承継、それぞれのメリット・デメリットや流れについて見ていきましょう。

事業承継に関する基礎知識や事例

  • 事業承継の流れ事業承継の流れ

    事業承継の流れについて大まかに見ていきましょう。 まずはどのような事業承継の形をとるのか確定させましょう。 はじめに考えるべきは親族への承継、従業員への承継かと思います。 ご子息に会社を継ぐ...

  • 事業承継の方法事業承継の方法

    事業承継の方法は主に3つあります。 親族への承継、従業員への承継、M&Aによる事業承継です。 親族承継は次の後継者を親族の中から早い段階で決めている会社も多いかと思います。 後継者となる親族...

  • 親族内承継親族内承継

    ここでは親族承継について見ていきます。 親族承継のメリットとして社内や社外からの理解が得やすい、株式や資産の引き継ぎが行いやすいといったことが挙げられます。 親族承継のデメリットととして挙げ...

  • 従業員などへの承継従業員などへの承継

    次に従業員承継について見ていきます。 従業員承継のメリットとしてともに頑張ってきた従業員に会社を引き継ぐということで社風を残せる、社内・社外からの理解を得やすい、また親族承継でデメリットとして...

  • 社外への承継(M&A)社外への承継(M&A)

    親族承継にしろ、従業員承継にしろ後継者が見つからない。あるいは元々自分の代で会社を畳もうと思っていた経営者の方には一度検討していただいきたい手法です。 M&AはMerge and Awuisi...

  • 事業承継の時期事業承継の時期

    事業承継の時期ですが、早いに越したことはありません。 親族に承継しようが、従業員に承継しようが、あるいはM&Aを考えていても、時間がかかります。 経営者としての仕事は経営だけでなく、自分の後ど...

株式会社パートナーズが提供する基礎知識

  • 税務署で相続税を申告する

    税務署で相続税を申告する

    相続がなされた場合には、その相続される財産に応じて、相続税が賦課されます。課税対象は、金銭に換算できる...

  • 会社設立

    会社設立

    海外での会社設立では、日本と同様に法令に従って手続きを踏む必要があります。 定款の作成や認証を受けるな...

  • 遺言書

    遺言書

    遺産相続には一般的に「法定相続」、「遺言による相続」、「分割協議による相続」があります。 仮に遺言書...

  • 方針の決定

    方針の決定

    近年、アメリカやヨーロッパ、シンガポールをはじめとした世界各国に進出する日本企業が増えてきています。こ...

  • 準確定申告をする

    準確定申告をする

    「準確定申告」とは、納税者が死亡した場合に、その相続人が故人に代わって行う確定申告手続きをいいます。準...

  • 争訴

    争訴

    企業活動に伴って、他企業から売掛金の支払いを請求されたり、不法行為に基づく損害賠償を請求されたりして、...

  • 親族内承継

    親族内承継

    ここでは親族承継について見ていきます。 親族承継のメリットとして社内や社外からの理解が得やすい、株式...

  • 遺言により遺産分割する

    遺言により遺産分割する

    遺言をする者(遺言者)は、遺言によって遺産分割方法の指定を行うことができます。一定の制限はありますが、...

  • 遺産分割協議書を作成する

    遺産分割協議書を作成する

    相続が開始し、相続人が複数いる場合には、誰がどのような遺産を相続するかを決定する必要があります。その決...

よく検索されるキーワード

ページトップへ